ぷくぷ日記

pukupuni.exblog.jp

メロ&クレアの多肉日記

カテゴリ:Anacampseros( 3 )

クレアちゃんのじゃぶじゃぶ洗い、功を奏して悪いムシたちが完全駆逐されているといいですね!
特にワタムシはしつこい。
薬を散布してもひっそり生き残っているし、それをこちらが吸って具合悪くなることも実はあります。
だから丹念に見つけて擦り取るとかじゃぶじゃぶ洗いが体にも一番いいと思います。

さて、私からはまたもやアナカン姉妹です。

アナカン姉の方の花芽が2つ伸びてます018.gif
最初に芽を上げてきた方は分岐してます↓

d0350900_08233045.jpg

アナカン姉の実生
ちょっとだけ土から出てもらいました↓
d0350900_08232118.jpg
根は浅く、土の下はこんなふうにずんぐりむっくりな形。
太い根塊です。野菜みたい。
その先にヒョロヒョロと短い髭みたいな根が。

もうひとつの鉢のアナカン姉実生016.gif
真ん中はメロカクタスの実生↓

d0350900_08243498.jpg
色の変化はこんな感じ⇒033.gif
メロ実生は他にもあるのですが、これ1個だけここに移しました。
メロ実生も根は本当に細く短くて張っていず、移し替えても成長するか心配でしたが、今のところ少しずつ確実に大きくなっているようです。


そしてこちらはアナカン妹・アボニアの実生↓
d0350900_08231047.jpg

先日の記事、1月7日に蒔いたもの(アナカン姉妹の新年)が1週間ほどで発芽しました017.gif
水切れ注意です034.gif

アナカンプセロスのタネはやはり取り蒔きじゃないと発芽は難しいらしいですね。
採れたらすぐ蒔く。
何故なんでしょうね。ほかの植物のタネはしばらく保管できるものが多いのに。
調べようとしたら難しすぎてすぐ眠くなりそう。

メロでした056.gif




[PR]
by happygrowing | 2016-01-18 08:53 | Anacampseros
クレアちゃんの家のインターネットの調子がよくないようで投稿がしばらく難しいとのことで、
今回もメロの記事になります。
年末年始は色々な業務が人手不足になり、対応もどうしても遅くなってしまうみたいですね。
できるだけ早く復活しますように!

さて、今日もアナカン姉妹の話題です。

姉(最初にうちに来たので、こっちが姉)に変化が!

↓何か出てる!
d0350900_12411591.jpg
これはもしかしたら、花芽?043.gif
花芽なのか?!
期待しましょう。
ちなみにこちら実生一年生たち↓
d0350900_12412142.jpg
ここまで来るのにどれだけの時間がかかったことか。
多分1年近いです。採り蒔きだったので。

そして妹の方(アボニア)も最近タネが採れたので蒔きしました。
既に蒔いてあります。タネを包んでいた皮もチラホラ↓
覆土はしないでやってみます。
d0350900_12412948.jpg
くだものの入っていた浅い容器。
蓋にも底にも穴が空いているのでcuttings(挿し木、挿し芽)やseedling(実生)にも最適。

↓アボニアのタネはよく見るととんがっている072.gif
d0350900_12500243.jpg

そして蓋をし、一回り大きな穴のあいていない容器にセット↓
d0350900_13210157.jpg

これで水切れを予防します。
今回は今が旬のブルーベリーの容器を使いました。
発芽したらまたアップします。

それではまた!

メロでした056.gif



[PR]
by happygrowing | 2016-01-08 13:27 | Anacampseros

アナカン姉妹(by メロ)

こんばんは。
今日も日差しが痛いほどの1日、夕焼けが綺麗でした。

クレアちゃんの寄せ植えない寄せ植え、可愛いな(*´`)
ブリキの入れ物がいい雰囲気。いつもながら小物選び上手だね016.gif
寄せ植えにするとその時は賑やかでもなんか窮屈そうで、それぞれの個性を一つ一つの鉢で伸ばしてあげたいもんね。

グリーティング切手、今年は多肉植物だそうで、なんだか多肉が脚光を浴びてきたっぽい?
空前の多肉ブーム到来なのかしら?

さて、今日の私からの話題ですが、ちょっと変わった多肉です。
ちょうど1年ほど前のことだったと思います。

ホームセンターBでこれを見つけたので即買い↓
d0350900_20100345.jpg
なんですかこれは、蜘蛛の糸で巻き巻きされたような多肉!
細い花茎を長~く伸ばし、その先にどことなく茗荷を思わせる色と形のほっそりした蕾が。

しかし蕾がたくさん付いているのになかなか花が開いているところを見られない。
ある日の観察で、遅い午後のほんの一瞬開いてしぼんでそれでおしまい!らしいことが分かりました。
よく見ると、買った時点で既に実が熟してタネを落とした殻がいくつか残っていました。
後から出来てきた実も乾燥して白っぽくなると、指で触れただけで細かいタネをホロホロ落とします。
細かいですが、紙などの上に落とすと微かに音が聞こえます。

003.gif006.gifしかもこぼれたタネから出るわ出るわ↓
d0350900_20100672.jpg
この不思議な多肉の属名は全くとっかかりのないまましばらく過ごしていましたが、
ある時あの桜吹雪と同じアナカンプセロスだと分かりました。
(実は私はずっと前にアナカンプロセスと覚えてしまっていたのだがようやく間違いに気づいた)

桜吹雪との印象が全然違うんだけれど、毛が生えているところは同じかな?
桜吹雪は色合いが可愛いけど、ヒョロ~とおじーさんの髭のような毛が生えていたりするよね。
疎らか蜜かの違いはあるけれど面影はある気が…する。
で、実生は別のプラ鉢で育て中↓
d0350900_17573374.jpg
そして先週、ホムセンBになんとなく立ち寄ったら。
これ~↓
d0350900_20090169.jpg
おぉ、あれだ!あれ!『植物男子ベランダー』の多肉 愛の劇場に出てきてたあれ。
確かア、ア…、…。出てこないので番組をググりアボニアと判明。
しかもこのアボニアもアナカンプセロスだそうです。

チンアナゴみたいな茎の先に付いてる白い皮のようなのは何?
花ではないらしく、萼?
そこからにゅっと出ている白いチューリップ様のものは実が乾燥して開いているんですね。
タネは下にこぼれています。
薄緑色の丸い玉のようなものがどうやら実?
いやもしかしたら蕾?まだ咲いてくれるのかな?

ちょっと並べてツーショットに

018.gifこんにちは029.gif

d0350900_20090468.jpg
似てない…。
毛に覆われている方のアナカンは品種名がよく分かりません。
ググってみるとラニゲラ、トメントーサ、フィラメントーサ、バエセケイ等という名で似たようなものが出てきます。
アボニアの方は品種はパピラケアと言うらしく、アボニアの中でもこれは水はわりとやってもいい品種だそうです。
よかった~。乾燥させた方がいいものはなかなか難しそうだし。
(アボニアもいろんな種類があるらしい)

偶然去年と同じような時期に手に入ったこの多肉。
アナカンは夏が一番可愛いということでしょうか。

どうでもいいけど、この寄せ植えは間違えちゃったな。
アナカン以外は外で育てるべき多肉たちだった↓

d0350900_20090801.jpg
まぁいいや。しばらくこのままでいきます。

急に真夏が訪れたようなオークランド、強い日差しで空気も乾燥するため植物たちにとっては忍耐の時期です042.gif
しかも水分を求めて鳥たちが多肉をつつきに来ます033.gif
雨があまり降らないのでワタムシやアブラムシたちの天下になるこの季節。
栄養を取られても、薬を使いすぎてもヘタってしまうので気を使います。
そういえば火祭りにうどんこ病が発生して、しょうがなくスプレーしておきました021.gif

今日も長くなっちゃいましたが、読んでくださってありがとうございます!

メロでした056.gif



[PR]
by happygrowing | 2015-12-28 18:31 | Anacampseros

by happygrowing